AGA治療には薬物療法以外に、HARG(ハーグ)療法と呼ばれるものがあります。

 

薄毛治療のHARG(ハーグ)療法とは?

 

幹細胞から抽出した150種類以上の成長因子を用意し、栄養素として頭皮下に注入することで、眠っていた幹細胞に刺激を与え、毛母細胞が刺激を受けることで発毛が促進されるというものです。育毛に良いとされる栄養素も配合されているので、発毛と同時に育毛にも良い影響を与えることができます。

 

この治療法はAGAだけでなく、発毛が難しい円形脱毛症や女性の薄毛にも有効で、とにかく髪の毛を成長させたいという場合に利用できます。髪の毛を成長させる幹細胞は人間の一生の間に寿命がくることはなく、基本的に生涯ずっと髪の毛が生え続けるはずなのですが、何かしらの原因によって細胞が眠ってしまった人に有効です。

 

逆に言えば、事故のキズなどによって細胞が死んでしまった場合には、この方法は利用することができません。薬物療法では効果が実感できるまで半年は必要と言われていましたが、HARG(ハーグ)療法では3ヶ月もあれば発毛することができ、早い人なら1ヶ月でも効果が実感できると言われています。特に目立った副作用は起こらず、痛みもほとんどないことが特徴で、多少の痛みがある場合は麻酔によって無痛にすることも可能です。

 

治療の時間は30分もかからず終わることが多く、短い時間に行えるので仕事の合間に治療を受けに行くことも可能で、回数は個人差があるのではっきりとは決まっていませんが、およそ3〜4回ほどで終了するようです。範囲が狭い場合、薄毛の症状が軽度な場合は1度だけでも十分となることも多く、基本的に若い世代のほうが発毛しやすい傾向にあるようです。

 

問題点は非常にコストがかかる点で、初期費用に100万円は必要になることも多く、発毛率は99%と効果は高いのですが、まとまったお金が必要になるので経済的な方法とは言えないのがネックですが、植毛のように頭皮にメスを入れたくない人や、素早く発毛をしたい人などに向いている方法です。