有効成分のフィナステリド

 

フィナステリド配合のプロペシアの効果と副作用

 

プロペシアは日本の厚生労働省が認可したAGA治療薬のひとつで、薄毛の治療を専門に行うクリニックだけでなく、診察を受けてくれる一般病院でも処方される飲み薬です。有効成分のフィナステリドは、男性ホルモンが増えることによって起こる前立腺肥大症の治療薬として開発された成分で、当初は問題なく使用することができていましたが、薄毛に悩んでいた使用者が毛髪が生えてきたという副作用が起こったことから再度研究され、AGAの治療に有効であると発見されました。

 

AGAの原因となるのは頭頂部や前頭部に見られる男性ホルモンのジヒドロテストステロン(DHT)と呼ばれる物質で、これが発生することでヘアサイクルを乱して髪の毛の成長が遅れたり抜け毛が発生しやすくなります。DHTは男性ホルモンのテストステロンと5α還元酵素が結合することで生成されますが、フィナステリドが5α還元酵素の働きを阻害する作用を持つことから、AGA治療に有効であることが分かっています。

 

DHTの生成が行われなければヘアサイクルが正常化して、ハリやコシのある髪の毛が成長しやすくなるほか、抜け毛が起こりにくくなるので薄毛の進行が止まるというものです。プロペシアは発毛や育毛には直接関与しませんが、薄毛になる原因を抑えることによって、正常な毛髪の育成ができる環境を作ります。

 

ただし、飲んだ時にしか効果が発揮されないので、髪の毛が復活するまでは飲み続けることになり、プロペシアは比較的安全な薬であるのですが、徐々に副作用のリスクが高まることになります。発症率は非常に低いのですが、腹痛や下痢、不眠症などの軽度なものから、性欲減退や抑うつ症状、無精子症などの後遺症となる重度のものも報告されています。

 

また、女性には使用が禁止されており、皮膚から吸収されることもあるので、触れるだけでも危険とされ、妊婦の場合は胎児に影響を与えるおそれがあるので禁忌となっています。