AGAが進行してしまうと治療薬を使用しても改善が難しいことがあります。

 

自毛植毛を検討する価値がある人とは?

 

しかし自毛植毛によるAGA治療なら改善できる可能性があるのです。
自毛植毛というのは自分自身の毛根を採取し、それを薄くなっている部分に植毛する治療法のことです。

 

自前の髪の毛を用いる為に仕上がりが自然であり、メンテナンスも不要ですので自身の髪の毛として扱っていくことができます。
拒絶反応のリスクが少ない安全な治療というメリットもあります。自分の毛根を別の場所に移動する治療ですので安全性が高く、安定して定着させることができるのです。

 

AGAが原因で薄毛になった場合、移植をした後にも薄毛になる不安があるかもしれませんが、自毛植毛はその点に関してもメリットがあります。基本的にAGAの影響を受けていないところからドナーを採取しますが、移植した後もその特性は引き継がれると言われています。つまり移植した後にまたAGAの影響で抜け毛が起こるリスクが低く、半永久的に持続させることができるのです。

 

しかしながら自毛植毛にはデメリットもあり、まず移植する毛根がない場合ですと治療ができません。根本的な毛根がないと治療は不可ですのでボリュームの状態によっては治療が困難になってしまいます。

 

しばらくは傷になってしまう為に何らかの方法で隠さなければいけないことがあるのもデメリットです。特にドナーを採取したところは傷痕が目立ってしまうようになりますしかさぶたもできます。そういった時には一時的にカツラを被るなどして対策がされることがあります。

 

他にも費用が高く掛かるのもデメリットと言えるでしょう。安い治療法ではありませんし、植毛する量によっては100万円以上も掛かることがあるのです。その為、経済的に余裕がないとそもそもの選択肢には入れ難い治療とも言えます。

 

しかしながら自前の髪の毛でボリュームを増やすことができるのは大きなメリットであり、検討する意義がある治療法と言えます。